くらし情報『『007 ゴールドフィンガー』の“最年長ボンドガール“が死去』

2020年4月7日 13:44

『007 ゴールドフィンガー』の“最年長ボンドガール“が死去

(写真:REX/アフロ)

(写真:REX/アフロ)



『007 ゴールドフィンガー』のボンドガール、プッシー・ガロア役で知られる英国出身の女優、オナー・ブラックマンさんが94歳で亡くなった。遺族が6日に声明を発表し、明らかとなった。新型コロナウイルスとは無関係の自然死だったという。BBC NEWSら複数の海外メディアがこのことを報じている。

ブラックマンさん1925年8月22日にロンドン東部のプレストウで生まれた。16歳の誕生日プレゼントに、父親から自転車か台詞発声のレッスンのどちらがよいかと聞かれ、彼女は後者を選択。英BBCによると、このレッスンを担当した女性インストラクターが、彼女をギルドホール音楽演劇学校へ入学させるよう父親に進言してくれたという。

1947年に無声映画『Fame is the Spur』で銀幕デビュー。英国のテレビシリーズ『The Avengers』のキャシー・ゲイル役でブレイクした後、38歳で『007 ゴールドフィンガー』(1964)のボンドガール、プッシー・ガロア役を射止めた。当時では、ボンドガールを務めた最年長の女優の一人となったが、美しいブロンドと端正な顔立ち、劇中で見せる鮮やかな武術で歴代屈指の人気を誇る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.