くらし情報『“780円〜”のはずが70万円請求も「レスキュー詐欺」の手口』

2020年10月23日 06:00

“780円〜”のはずが70万円請求も「レスキュー詐欺」の手口

“780円〜”のはずが70万円請求も「レスキュー詐欺」の手口


「突然の水漏れに慌てて業者を呼んだら、数十万円という法外な代金を請求された……」。こんな被害が急増しているという。緊急時の弱みに付け込む手口とはーー。

「ぼったくりとわかったときはショックで、数日間は何も手に付きませんでした。だまし取られたお金は、介護施設で働いてためてきたもの。同居する母は足が不自由でトイレが使えないのは困ると慌ててしまったんですね……」

そう語るのは、9月12日、70万円という、トイレ修理代としては法外な工事代金を支払った愛知県在住の鈴木寿美さん(仮名・60)。

トイレ修理の高額請求トラブルが急増している。全国の消費生活センターに寄せられたトラブル相談は、’13年度は550件だったが、’19年度には1,157件と倍増。その手口を鈴木さんに聞いた。

「トイレの床が水浸しになっているのに気づいたのが朝8時45分ごろでした。母が使っている尿漏れパッドが詰まってしまったみたいで……。初めてのことで慌ててしまい、スマホで〈トイレつまり〉と打ち込み、いちばん上に出ていた『つまり修理780円〜』『24時間対応』と書かれたサイトに電話しました」

1時間後、鈴木さん宅を訪問した修理業者は人当りのいい40歳前後の男。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.