くらし情報『デビュー10周年の高橋優「コロナ前と後の“会いたい”の意味」』

2020年10月26日 06:00

デビュー10周年の高橋優「コロナ前と後の“会いたい”の意味」

たぶん、素直にラブソングを歌いたいという気持ちになったからだと思います。以前は、会えるのに会いたいなんて歌っていることが好きじゃなかったけれど、今って、会うこと自体が厳しくて。“会いたい”という一言でも、コロナの前と後で意味合いが変わってきたように感じます」

12月で37歳になる。結婚して家庭を持ちたいと思うことはあるかと尋ねると……。

「子どもはいつか欲しいです。子どもがいたら、ゲームや鬼ごっことかめっちゃ真剣に遊びますもん。将来は故郷の秋田で子育てをしたいと思うこともあります」

音楽で秋田を活性化させる活動を続けるのも、子どもたちの未来が開かれることを望むからだ。

「年を重ねていくなかで、なんのために音楽をやってるんだろう?って考えると、次の世代に何かを見せたり、伝えたりしていく宿命みたいなものを担っている気がして。地元からかっこいいアーティストやいろんなジャンルで活躍する人がどんどん出てきてほしい」

さらに、自分自身が常に第一線でいることが目標だとも。「ずっと若い人たちと同じ土俵で張り合っていたいんです。そのためにはいくつになっても腰を据えたくなくて。パパにはなりたいけれど、尖ってていいと思う(笑)」

「女性自身」2020年11月3日号 掲載

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.