くらし情報『デビュー10周年の高橋優「コロナ前と後の“会いたい”の意味」』

2020年10月26日 06:00

デビュー10周年の高橋優「コロナ前と後の“会いたい”の意味」

デビュー10周年の高橋優「コロナ前と後の“会いたい”の意味」


「デビューから10年たったといっても、正直、僕自身は何も変わらないです。何かを成し遂げたみたいな気持ちもないですし、まだ途中というか。楽曲づくりとか自分の内面的なものは、むしろ路上ライブをやっていたころに戻っていってるような気がします」

そう語るのは、今年デビュー10周年を迎えた高橋優(36)。発売中の記念アルバム『PERSONALITY』(ワーナーミュージック・ジャパン)のジャケットはトレードマークのメガネを外しているが?

「実は、7月から毎月リリースしてきた新曲のジャケットやミュージックビデオでも、少しずつメガネを外していく流れを作っていました。というのも、もともとメガネスタイルで世間に出たきっかけがささいなことで。昔は、人に会うときはコンタクトレンズをつけていたんですけど、インディーズ時代、たまたまメガネをかけているときの写真をスタッフに見せたら、それがCDのジャケ写に使われたという経緯があったんです。10年かけてメガネを外す流れがようやくかなったかなあ、と(笑)」

コロナ禍の自粛期間中に製作された楽曲も今作に収録された。

「アルバムが完成してみたら、今回はラブソングが多いことに気づきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.