くらし情報『初の女性の米副大統領誕生“ガラスの天井”破った母の教え』

2021年1月25日 11:00

初の女性の米副大統領誕生“ガラスの天井”破った母の教え

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



アメリカの女性やマイノリティには分厚い“ガラスの天井”があるという。どんなに優秀でもぶち破れない壁がある、と。

「誰もなし遂げていないことなら、なぜ挑戦しないの?」そう言い、次々とその天井を破ってきたカマラ・ハリス氏(56・以下敬称略)。女性初の“アメリカ副大統領”だ。

カマラに絶大な影響を与えたのは、母だった。科学者の母は、子どもたちが質問しても、すぐに答えを出さず、いつも姉妹をこう諭した。

「鍵は、あなたの仮説です。これが実践や実験で証明されるのよ」

母の故郷・インドにも子どものころから訪れていた。母方の祖父は、47年、現在のパキスタンからインドへ亡命。インドの独立を求めて戦った人だ。その後、インド政府高官となった祖父は、故郷を追われた経験を生かし、アフリカ・ザンビアの難民問題解決に当たっている。祖母は、インドの貧困地域に暮らす人々に避妊などの性教育を行い、格差対策に取り組んだ。

常に弱者の視点から、政治や人権を考えるカマラの資質は、祖父母の代から、母を介して継承されてきたものだったのだ。

カマラは母についてこう話す。

「マミーは153cmの小さな体でありながら、一度話せば、2m以上に見えるような人だった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.