くらし情報『「日本は改名後進国」…姓名鑑定士が語る“いい名前”の条件』

2021年2月8日 11:00

「日本は改名後進国」…姓名鑑定士が語る“いい名前”の条件

実際、先生の鑑定によって、幸せをつかんだ人たちがいる。

「もともといい名前を持っていた女性が、結婚して姓が変わることで、運気が下がってしまうと判明しました。そこで、結婚後もできる限り旧姓を使うことをすすめ、嫁ぎ先にも了承を得たのです。すると、きょうだいの多いご主人でしたが、彼が親の遺産をほぼ受け継ぐことになった。いい名前には、幸運が転がってくるのです」

また、いい通り名によって、コロナ禍の逆境を逆手に取った人も。

「演奏者としての名前を変え、昨年はじめて本を出版したウクレレ奏者がいました。在宅の趣味としてウクレレが注目された時期だったので、本はたちまち重版。有名ホテルからも演奏を依頼されるまでになったのです」

では、“いい名前”の条件とはいったいなんだろう?

「大切なのは、“いい文字+いい画数”です。文字の成り立ちは生き物の生き写しですから、その縁起によしあしがありますし、画数というのは、それ自体が霊力を持っているのです。まず、運気のよくなる文字というのは、このコロナ禍で大変な思いをしている人が一変してしまう、それほどの威力をもっています。たとえば、無から有を生むことを意味する『祐』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.