くらし情報『3.11の給食に赤飯は不謹慎?「過剰反応」「別問題」との異論も』

2021年3月17日 18:45

3.11の給食に赤飯は不謹慎?「過剰反応」「別問題」との異論も

3.11の給食に赤飯は不謹慎?「過剰反応」「別問題」との異論も


東日本大震災の発生から今年で10年を迎えた。そんななかで横浜市にある一部の市立小学校が3月11日の給食に赤飯の提供を予定していたものの、急きょ差し替えとなったことで波紋を呼んでいる。

毎日新聞によると、赤飯の提供が予定されていたのは約340校のうち89校。生徒の卒業や進級を祝う目的で、年度末の献立として例年提供されてきたという。

ところが、複数の学校関係者から「不適切」「どうなのか」と市の教育委員会に問い合わせが入ったという。意見を受けて、急きょ別の日の献立と差し替えたと報じられている。

作家の乙武洋匡氏(44)は3月16日にTwitterを更新し、こうつぶやいていた。

《表層的なことにしか目が向けられない大人たちのせいで、みなさんの卒業に水をさされてしまいましたね。こんな声が届くかわかりませんが、卒業おめでとうございます》

「16年に埼玉県吉川市の中学校でも、同じようなことがありました。給食提供の最終日に赤飯が予定されていたのですが、3月11日と重なっていたのです。一部の教職員から『鎮魂の日だ』『非常識』などと意見があがったのですが、すでに材料も発注された後で混乱を招いたようです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.