くらし情報『制作費約23億円!韓国版『スター・ウォーズ』がスゴい』

2021年3月22日 11:00

制作費約23億円!韓国版『スター・ウォーズ』がスゴい

外国語も一瞬で同時通訳される近未来での宇宙戦争を描いた韓国版『スター・ウォーズ』

外国語も一瞬で同時通訳される近未来での宇宙戦争を描いた韓国版『スター・ウォーズ』



家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。Netflixドラマ『愛の不時着』『梨泰院クラス』や映画『パラサイト半地下の家族』など、恋愛や家族を描けばピカイチの韓流作品。でもこんなSFジャンルは初めてでは?『スター・ウォーズ』ばりの宇宙戦争映画『スペース・スウィーパーズ』をご紹介しましょう。

■Netflix映画『スペース・スウィーパーズ』独占配信中

時は2092年。土壌の酸性化で地球には植物が育たず、人々は悲惨な生活を送っていました。宇宙船操縦士テホは、女船長チャン、元麻薬王ギョンス、アンドロイドらと宇宙船「勝利号」に乗って、宇宙ゴミを集めては金に換える毎日。

偶然見つけた子どもを200万ドルで引き渡す取引で、一獲千金を狙います。しかしその子どもは、宇宙開発企業UTSが探している大量破壊兵器ロボットでした。

妙にアナログなオンボロ宇宙船がとんでもないスピードで宇宙を駆け巡り、戦って敵を倒していくシーンは迫力満点。見事なCG映像は、ハリウッド大作レベルです。

なのに、荒れくれチームの4人が子どものかわいさに振り回されるところが、何ともほほ笑ましい展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.