くらし情報『自宅を担保に老後資金を捻出「リバースモーゲージ」の注意点』

2021年6月4日 15:50

自宅を担保に老後資金を捻出「リバースモーゲージ」の注意点

自宅を担保に老後資金を捻出「リバースモーゲージ」の注意点


最近「リバースモーゲージ」の利用が増えている。リバースモーゲージとは、自宅を担保にお金を借りて、返済は契約者の死後、自宅を売却して行うというものだ。

老後資金不足を不安に思いながらも、自宅を離れたくない高齢者のニーズが高いのか、現在の推定融資残高、約1,600億円のうち、ここ3年で、約500億円増加している。こうした人気の背景には、2つの新商品があるようだ。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■利用したい人はリスクも考えよう

1つ目は、住宅金融支援機構の保険のついた「リ・バース60」。契約者の死後に清算する際、借りた総額より自宅の売却益が少なかった場合、これまでは相続人が差額を支払わねばなりませんでした。

そのため「子どもに迷惑がかかる」と利用をためらう方が多かったのですが、リ・バース60は借入金が超過しても相続人に請求がいかない「ノンリコース型」が中心。

多く借りても請求されないので“借り得”とも思えますが、金融機関が損するはずがありません。ノンリコース型は、利率が通常より高くなっています。リバースモーゲージの契約者は原則、利息だけ毎月返済しますが、利率が高い分、毎月の返済額、ひいては返済総額が膨らむ可能性があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.