くらし情報『松本潤『99.9』でのイケメンすぎる座長姿【上半期ベストスクープ】』

2021年6月22日 15:50

松本潤『99.9』でのイケメンすぎる座長姿【上半期ベストスクープ】

ポケットに手を突っ込んで撮影現場に向かう松潤

ポケットに手を突っ込んで撮影現場に向かう松潤



繰り返される緊急事態宣言、コロナ禍終息の兆しが見えないなか開催に突き進む東京オリンピックなど、未だ混迷を極める2021年上半期。並行して芸能界でも数々の“事件”がーー。本誌が目撃した“スクープ”から特に反響の大きかったものを今一度お届けしたい。

嵐活動休止後に各メンバーが新天地で活躍するなか、俳優活動に専念している松本。23年にはNHK大河主演が控えるなど大作揃いの松本だが、代表作の一つである『99.9』の実写映画撮影現場を本誌は目撃。そこで松本が見せた決意の役作りとはーー(以下、2021年5月25日号掲載記事)※年齢は掲載当時のまま

「ミヤさんを呼んできて」

監督から指示され、走るスタッフ。その数分後、日の光に照らされながら公民館から現れたのは松本潤(37)。日傘をさそうとするスタッフに、松本は笑顔で「大丈夫!」と優しく断り、撮影場所まで颯爽と歩いていく。

5月上旬のこの日、都内の下町エリアでは松本が主人公・深山大翔を演じる人気ドラマシリーズの映画『99.9‐刑事専門弁護士‐THE MOVIE(仮)』の撮影が行われていた。

「弁護士役ということで難しい法律用語が頻出するのですが、松本さんは『懐かしい!』と楽しみながら役作りに励んでいるそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.