くらし情報『にしおかすみこ「女王様キャラのきっかけは“トットちゃん”」』

2021年6月28日 06:00

にしおかすみこ「女王様キャラのきっかけは“トットちゃん”」

『窓ぎわのトットちゃん』を読んだのは小学生の当時だったという

『窓ぎわのトットちゃん』を読んだのは小学生の当時だったという



「ごくフツーの家庭で、フツーの学校で、フツーに育ったフツーの子。そんな私が自信を持てるよう、母は個性を見つけようと必死だったみたいです。“通信簿が悪くても、何か好きなことが見つかればいい”って。『窓ぎわのトットちゃん』(’81年3月発売)の影響なんでしょうね」

そう、小・中学生だった’80年代を振り返るのは、お笑い芸人のにしおかすみこさん(46)。個性を育むトモエ学園で過ごす、黒柳徹子さんの幼少期が描かれた自伝『窓ぎわのトットちゃん』が出版されたのは、にしおかさんが小学校に入学したころ。

「電車の車両の中に教室を作ったり、自由な学校だなって羨ましく思って。でも、やっぱり私よりも母のほうが、本の影響を受けていました」

母親はいつも、わが娘の個性を見つけて、伸ばそうとしてくれた。

「でも私には、黒柳徹子さんのように、周囲からはみ出してしまうような個性が何もありませんでした。せいぜい、捻挫をして包帯を巻いたときに、目立ってちょっと気持ちよくなるくらい。だからトットちゃんのことは、すごく羨ましかったんです」

姉が始めた影響で、幼いころから続けていた水泳もーー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.