くらし情報『交換時の不注意や、誤った保管で「乾電池から発火」にご用心』

2021年7月1日 11:00

交換時の不注意や、誤った保管で「乾電池から発火」にご用心

乾電池がテレビのリモコン内で発熱のトラブル例も(写真:アフロ)

乾電池がテレビのリモコン内で発熱のトラブル例も(写真:アフロ)



長引くコロナ禍で在宅時間が増えるなか、久しぶりに自宅の押入れやクローゼットの片づけをして、電池が大量に出てきたという人もいるだろう。

「まとめておくのは危険です。古くなった電池にも電圧が残っている場合があるため、電池同士が触れ合ってショートし、発火する恐れがあります」

そう警鐘を鳴らすのは、東京消防庁予防部調査課課長補佐の小清水雄二さんだ。

’20年8月に福岡市で発生した、住宅兼事務所が全焼するという火災の原因が“乾電池”だったことが先日明らかにされた。福岡市消防局の火災調査報告書によれば、1年以上前からコンテナボックスで保管されていた角形電池のプラス端子とマイナス端子にボタン電池などが接触し、ショートしたことで発火したと推定されている。

「箱や袋にまとめて入れていた角形電池とボタン電池が触れたことで発火したと考えられる事例は都内でもあります。消火器が必要となるケースもあり、放っておいたら全焼にまでつながる可能性も十分ありますから、注意が必要です」(小清水さん・以下同)

このように、誤った電池の使用方法や保管の仕方が原因となって発熱・発火が起こった例は複数ある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.