くらし情報『ふかわりょう MC 3カ月で実感した変化“指揮者から弾き振りに”』

2021年7月19日 11:00

ふかわりょう MC 3カ月で実感した変化“指揮者から弾き振りに”

ふかわりょう MC 3カ月で実感した変化“指揮者から弾き振りに”


「やっぱり“音楽を届けたい”と。みんな言葉を発しますが、全て音楽の一要素だと思っています。心地よい音楽を届ける1時間でありたいと、『5時に夢中!』の時からずっと思っていました」

そう語るのは、現在、『オトナの夜のワイドショー! バラいろダンディ』(TOKYO MX)でMCを務めるふかわりょう(46)。今年3月に9年間MCを務めた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を卒業し、4月から『バラいろダンディ』の新MCに就任。3カ月が経ち、現在の心境を聞いた。

『5時に夢中!』では、MCの立ち位置を“指揮者”と捉えていたというふかわ。だが『バラいろダンディ』に出演するようになってからは、自らも音色を奏でながら指揮する“弾き振り”になったことを実感しているようだ。

「『5時に夢中!』では指揮者としてコメンテーターの“音色”を届けることを意識してきましたが、『バラいろダンディ』では自分の“音色”も視聴者に届けています。『5時に夢中!』に比べて、やや自由度が高くなっているんです。これまで指揮者的な立場として“音色”を引き出すことに専念していましたが、今は自分の考えなども発言しています」

ミュージシャンの顔も持つふかわは、番組作りも1つの演奏として捉えているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.