くらし情報『宮本亞門 エンタメ界の危機でも上を向かせる“亡き父の金言”』

2021年8月20日 15:50

宮本亞門 エンタメ界の危機でも上を向かせる“亡き父の金言”

「歌や踊りには希望を与える役目がある」と語る宮本亞門さん

「歌や踊りには希望を与える役目がある」と語る宮本亞門さん



今年6月、父を天国へ見送った宮本亞門さん。ときに衝突しながらも、折に触れて人生との向き合い方を教えてくれたのが父だった。希代の演出家の心にいまも宿るメッセージとはーー。

「人生を一つの“舞台”だとするならば、『親父の役の人生を見事に演じきったね!』とたたえてあげたい。僕にとって彼は誇りです」

そう語るのは、演出家の宮本亞門さん(63)。今年6月24日に、94歳の父・亮祐さんを天国へと見送った。遺言のとおり、葬儀は身内だけで行ったというーー。

亞門さんは、’87年に演出家デビュー。

’04年にブロードウエーで演出を手がけた『太平洋序曲』がトニー賞にノミネートされるなど、演出家として国内外で活躍の場を広げていった。

時はたち、亞門さんは自らの生命の危機に直面することになる。

’19年、テレビ番組の企画で、亞門さんの前立腺がんが判明したのだ。

「帰宅した夜は、恐怖と不安で眠れず、ブラックホールに吸い込まれるような孤独を味わいました。幸いがんはステージ3の最初で、全摘をすれば回復するとのことでした。早期発見がどれだけ大事かを痛感しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.