くらし情報『高齢者と喫煙者は半年で抗体激減…3回目ワクチンを前倒しで打つべき人』

2021年12月2日 06:00

高齢者と喫煙者は半年で抗体激減…3回目ワクチンを前倒しで打つべき人

12月1日からは医療従事者を対象に3回目接種がスタート。年明けには高齢者の接種も開始される

12月1日からは医療従事者を対象に3回目接種がスタート。年明けには高齢者の接種も開始される



厚生労働省は11月24日、新型コロナウイルスの3回目接種(ブースター接種)について、2回目接種から原則「8カ月以降」としていた間隔を、「6カ月以降」に短縮できるケースを検討すると発表した――。

12月1日からは医療従事者を対象に3回目接種がスタート。年明けには高齢者の接種も開始される。「ワクチン3回目は、医療従事者や高齢者に限らず、基本的に接種したほうがよいでしょう」

そう語るのは、国立病院機構 宇都宮病院の杉山公美弥副院長。

現状、全国的に新規感染は収束しつつあるが、なぜ3回目接種が必要なのか?その理由の一つは「抗体価」にあるという。

「新型コロナウイルスに対する抗体の“強さ”や“量”を示したものを『抗体価』といいます。今年2~3月にファイザー社製のワクチンを2回接種した職員365人を対象に、半年後の抗体価を測定したところ、年齢を問わずピークから約75%減少していました」(杉山先生)

研究の結果、2回目接種から6カ月後の抗体価は年齢が上がるほど低いことが改めて浮き彫りになったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.