くらし情報『「最後の絵画展」早くもピンチ! 蛭子さんの集中力が途切れる』

2021年12月5日 06:00

「最後の絵画展」早くもピンチ! 蛭子さんの集中力が途切れる

「最後の絵画展」早くもピンチ! 蛭子さんの集中力が途切れる


「金と自由は欲しいけど、何もしたくないーー」を貫いてきたタレントで漫画家の蛭子能収さん(74)。2020年夏に認知症を公表した後も、その“人生哲学”はまったく変わらない。絵を描くよりもテレビの仕事のほうが楽だしギャラもいいと言い続ける蛭子さんに突如湧いた「絵画展プロジェクト」。果たしてプロジェクトは成功するのだろうか……。(第6回/全10回)

「あれ~どうやったっけ?」

“最後の絵画展プロジェクト”に向けた作品を描いていた蛭子さんの手が止まった。

絵のわきに添える文章を描こうとしたが「東京」の「東」の漢字が思い出せない。

そばでみていた「蛭子能収の人生相談」担当記者の私・山内は、ノートに「東」と字を書いて蛭子さんに見せようとした。

40年来の盟友である根本敬さんは、そんな“おせっかい”を手で制してこう問いかけた。

「間違えたっていいんだよ。正しくなくてもいいよ。ひらがなでもいいじゃない」

蛭子さんは安心した表情をみせた。

絵を描きはじめて20分ほどが過ぎた。

「せっかくだから色を塗ろうよ」

と根本さんが声をかける。

ところが蛭子さんは、少し遠くに座っているマネージャーの森永真志さんのほうをチラチラ見ながら、

「次の仕事はなかったっけ?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.