くらし情報『ついに廃棄へ!アベノマスク神話“配布でマスク流通回復”のウソ』

2021年12月23日 11:00

ついに廃棄へ!アベノマスク神話“配布でマスク流通回復”のウソ

というものだ。廃棄表明のニュースを受けて、こんなツイートが。

《アベノマスクは、コロナ禍でマスクが不足して、マスクの買い占めなどで価格が高騰しているときに無料でアベノマスクを配布することでマスクの価格破壊を起こして、マスク市場を安定化させたという意味で、抜群の成果があったと思います》
《世の中の人ってアベノマスクの有り難さを理解出来てないの?! あのおかげで不織布マスクの価格が元に戻って市場に戻ってきて、アルコール等の消毒薬も高騰を免れたんだよ。 大正解の政策を、なぜ感謝しないの?》

だが、政府統計を見ると、アベノマスクによって、マスクの供給量と価格が正常化したという主張には疑問符がつく。

もともと、日本で流通するマスクのおよそ77%は輸入品だった(2019年度、一般社団法人日本衛生材料工業連合会ホームページより)。昨年春に国内でマスク不足になったのは、新型コロナウイルスの世界的流行のために、世界中でマスク需要が高まった結果、マスクの輸入量が激減したことにある。不織布マスクは、世界共通のHSコード(輸出入統計品目番号)で「6307.90 029」に分類される。財務省貿易統計によると、コロナ前の2019年の総輸入量は12万7,300トンで、中国産はおよそ85パーセント(10万8,724トン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.