くらし情報『ヒグマ死骸付近で激しく損傷した遺体発見 昨年も老夫婦が頭や腕をかじられ…北海道渡島半島の惨状』

2023年11月3日 18:38

ヒグマ死骸付近で激しく損傷した遺体発見 昨年も老夫婦が頭や腕をかじられ…北海道渡島半島の惨状

※こちらはイメージです

※こちらはイメージです



11月2日、北海道福島町の大千軒岳でクマ1頭の死骸が見つかったことが報じられた。大千軒岳では、10月31日に登山をしていた消防署員3人がクマに襲われており、そのうちの1人が仲間を救おうと応戦し、ナイフでクマの目元と喉元を狙って刺したという。見つかった死骸は、男性3人を襲った個体とみられている。

さらにこのクマの死骸から数十メートル離れた場所で、男性1人の遺体が見つかったことも報じられた。大千軒岳では、20代男性が10月29日から行方不明となっていた。遺体は損傷が激しく、土や枯れ草がかけられていたことから死亡したヒグマによる襲撃とみられている。

福島町があるのは北海道の南端に位置する渡島半島。津軽海峡に面した本州の目と鼻の先のこの地域で、ここ数年ヒグマによる事故が連続で起こっている。


’22年7月15日には福島町に隣接する渡島管内松前町で、自宅のすぐそばにある家庭菜園で農作業をしていた高齢夫婦がヒグマに頭部や腕をかじられ、重傷を負った。松前町はこの事件を受けて、今年からクマの侵入を防ぐ家庭菜園用電気柵の購入費用を助成する事業を始めている。

さらに、’21年7月には福島町で、高齢の女性が畑作業中に別のヒグマに襲われて死亡した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.