くらし情報『「北島三郎が見たい」6年連続総合司会が語る“変わらない紅白”の重要性』

「北島三郎が見たい」6年連続総合司会が語る“変わらない紅白”の重要性

99年、『まつり』を熱唱する北島三郎。圧巻のパフォーマンスで大トリを務め会場はひとつに

99年、『まつり』を熱唱する北島三郎。圧巻のパフォーマンスで大トリを務め会場はひとつに



「かつての紅白歌合戦は、どの世代の人でも知っている歌がうたわれていました。

コタツを囲んでミカンを食べながら、三世代がそろって同じ歌を口ずさむ──。1年の最後の日は、その年を変わりなく過ごせたことを感謝しあう日。そんな大みそかに行われる紅白には、どんな世代が観ても楽しめる安定感がありました」

そう語るのは「NHK紅白歌合戦」で第46回(’95年)から第51回(’00年)まで総合司会をつとめた宮本隆治・元NHKアナウンサー。定年まではラジオ中継などを支える紅白チームのアナウンサー監督として紅白歌合戦を支えた。

そんな宮本さんが、今の紅白歌合戦をこう思っているという。


「紅白歌合戦は、家族揃って見て頂き、そこで、絆を確認し合ってもらう番組でもありました。出場する歌手で若い人たちが出てきたときに、おじいちゃんが『これ、どういうグループなんだ?』と孫に聞いて、そこで会話が生まれてくる。歌を通して、新しい情報をおじいちゃん、おばあちゃんが孫から聞く、あるいは逆に、孫たちが祖父母から情報を教えてもらう、そんな世代を超えた絆が生まれていました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.