くらし情報『羽生結弦 元妻と生活した仙台市内の億ションを売却していた…購入時とほぼ同価格の“投げ売り”状態』

2024年5月20日 06:00

羽生結弦 元妻と生活した仙台市内の億ションを売却していた…購入時とほぼ同価格の“投げ売り”状態

(C)JMPA

(C)JMPA



《自分が作っているのは、“道”だと思うんです。価値観だったり、背景だったり、過去だったり、未来だったり、そういったものが道になり、その道の途中で自分でも気づきがあったり、感じるものがあったり。

僕はそれを観客の方に観てもらい、共有してもらう。その道が楽しかったって、歩いてきてよかったって思ってもらえると、やっぱりうれしい。それが幸せだから、この道を歩き続けられるんだと感じています》(「GQ JAPAN」’24年5月8日配信)

そう語ったのは羽生結弦(29)。どんな経験も“道”になるという話のとおり、さまざまな苦難を乗り越え、現在は絶好調のようだ。

「昨秋から続いていた離婚に関する騒動も落ち着き、今は5月末に出演するアイスショーに向けて練習しているといいます。また、3月からGUCCIのブランドアンバサダーに就任していますが、着用商品は即完売。
写真展は予約でいっぱいだそう。なにがあっても衰えない人気ぶりです」(フィギュアスケート関係者)

冒頭のインタビューで、羽生はこうも宣言していた。

《僕がこの先、あと30年間、フィギュアスケートという“言語”に付き合い続けたら、その年になったからこそ出てくる表現、その時にしか出せないフィギュアスケートっていうものが存在するかもしれないと思って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.