くらし情報『「ギャラクシー賞取ってほしい」日テレ深夜番組の生理特集が「神回」と絶賛の声 見取り図・リリーも「全人類見た方がいい」』

2024年5月29日 16:40

「ギャラクシー賞取ってほしい」日テレ深夜番組の生理特集が「神回」と絶賛の声 見取り図・リリーも「全人類見た方がいい」

「ギャラクシー賞取ってほしい」日テレ深夜番組の生理特集が「神回」と絶賛の声 見取り図・リリーも「全人類見た方がいい」


5月28日放送の、『上田と女がDEEPに吠える夜』(日本テレビ系)の番組内容が反響を呼んでいる。

この日の企画は「生理のツラさは人それぞれ…女性同士でもわかり合えない生理の話」。たとえ女性であっても、生理の辛さは個人差があるため女性同士でも理解できない場合があるという。

たとえば、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈(41)は自身の経血量が非常に多く、貧血のためずっと鉄剤を飲んでいたと告白。また、元アンジェルムの和田彩花(29)は生理痛が酷く、通学中の電車内で倒れたことがあると明かした。

一方で、大久保佳代子(53)は「私は正直そこまで重くなかった」と言い「会社だったりしたら、来ないとか休憩室で休んでますっていうのは本当に?ズルしてるんじゃないの?とはちょっとあった(思った)ことはあります。正直」と認め、女性同士でも生理への認識は差があるとした。

とはいえそんな大久保でも生理に困ることはあるという。
「この仕事は休めない」として、「(生理が重い)2日目とか3日目に水泳大会があって。それこそ、(プールから)出てきてすぐに白いタオルを巻くんですね。でも白いタオルに血がついちゃったりするわけよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.