くらし情報『細田守最新作『竜とそばかすの姫』主人公は17歳の女子高生 未知との遭遇を描くストーリー&最新ビジュアル&特報映像公開』

2021年2月18日 10:46

細田守最新作『竜とそばかすの姫』主人公は17歳の女子高生 未知との遭遇を描くストーリー&最新ビジュアル&特報映像公開

『竜とそばかすの姫』最新ビジュアル (C)2021 スタジオ地図

(C)2021 スタジオ地図



2021年夏に公開が予定されている細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』のストーリーが明らかに。あわせて最新ビジュアルと、特報映像が公開された。

『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、『未来のミライ』(2018)と、過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。『未来のミライ』ではアニー賞受賞に米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートと、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきた細田監督。最新作のタイトル『竜とそばかすの姫』と公開時期、そして物語の舞台となる全世界で50億人が集う超巨大インターネット空間の仮想世界<U>を描いた1枚のコンセプトアートが先日公開された時には、SNSで一気に話題となった。

ついに明らかになった今作の主人公は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もうひとつの現実“と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界<U>と出会い、「ベル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.