くらし情報『諏訪内晶子 室内楽プロジェクト 1年間のブランクを経て堂々の開催へ!』

2021年1月28日 12:00

諏訪内晶子 室内楽プロジェクト 1年間のブランクを経て堂々の開催へ!

「諏訪内晶子 室内楽プロジェクト」


コロナ禍によって、1年間の延期を余儀なくされた「国際音楽祭NIPPON」公演が実現する(2月15日&16日:紀尾井ホール)。待ちに待った東京での2日間、「アキコ・プレイズ・クラシック」「アキコ・プレイズ・モダン」の2ステージは、諏訪内晶子の魅力を改めて確認する素敵な時間になりそうだ。

第一夜「アキコ・プレイズ・クラシック」では、ブラームスの「ピアノ三重奏第3番」とドヴォルザークの「ピアノ五重奏第2番」という名曲中の名曲を並べた魅力的なプログラムが用意され、第2夜「アキコ・プレイズ・モダン」では、自らの多重録音によるライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」を皮切りに、諏訪内のために用意された川上統による世界初演曲「甲殻」。さらには、マーク=アンドレ・ダルバヴィの「ピアノ三重奏曲」とレオ・オーンスタインの「ピアノ五重奏」へと至る刺激的かつチャレンジングなプログラム。

諏訪内晶子の新たな一面を体験したい。

●公演詳細: https://www.japanarts.co.jp/special/imfn/

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.