くらし情報『第31回「日本製鉄音楽賞」は、川口成彦(フォルテピアノ)と猪狩光弘(ステージマネージャー)に決定!』

2021年3月20日 12:00

第31回「日本製鉄音楽賞」は、川口成彦(フォルテピアノ)と猪狩光弘(ステージマネージャー)に決定!

川口成彦 (C)Fumitaka Saito

(C)Fumitaka Saito



日本の音楽文化の発展と将来を期待される音楽家の一層の活躍を支援することを目的に制定された「日本製鉄音楽賞」の第31回受賞者が発表された。

「フレッシュアーティスト賞(副賞300万円)」には川口成彦(フォルテピアノ)、「特別賞(副賞100万円)」には猪狩光弘(ステージマネージャー)がそれぞれ選ばれ、輝かしい受賞者の歴史にその名を刻むこととなった。

「日本製鉄音楽賞(旧新日鉄住金音楽賞)」は、1990年(平成2年)旧新日鉄創立20周年と「新日鉄コンサート」放送35周年を記念して設けられ、第1回受賞者の諏訪内晶子(ヴァイオリン)を始め、優れた才能を世に送り出してきたことで定評のある音楽賞だ。

第31回「日本製鉄音楽賞」は、川口成彦(フォルテピアノ)と猪狩光弘(ステージマネージャー)に決定!

猪狩光弘
*今回の受賞理由は以下の通り

●「フレッシュアーティスト賞」川口成彦かわぐち なるひこ(フォルテピアノ)

2018年のショパン国際ピリオド楽器コンクール第2位入賞で広く知られる存在となったが、それ以前から確固たる音楽観での活動を展開しており、近年はコンサートや録音においてさらに視野の広い音楽表現を見せている。一般的な先入観からの“古楽器”という枠を超えた、それでいて揺るぎない基礎力からの音楽。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.