くらし情報『「和樹くんは天使です」加藤和樹×田代万里生ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』対談【前編】』

2021年9月2日 12:00

「和樹くんは天使です」加藤和樹×田代万里生ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』対談【前編】

加藤和樹×田代万里生 撮影:源賀津己

撮影:源賀津己



ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』が9月9日(木)に開幕する。

本作は、世界的に有名な未解決事件として恐れられた殺人犯・通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”をモチーフにチェコ共和国で創作されたミュージカルを原作に、韓国独自のアレンジを施し大人気作となったミュージカルの、日本初演。

白井晃が演出を手掛ける本作で、刑事アンダーソン役と殺人鬼ジャック役を回替わりで演じる加藤和樹と、新聞記者モンロー役を演じる田代万里生の対談を前篇・後編でお届けする。今回はその前編。

稽古場はカオス?!

――現状、全シーンの大枠はできて、細かい部分のブラッシュアップに入っているそうですが(取材時)、どんなお芝居になりつつありますか?

加藤カオスです。

田代ははは!

加藤僕は韓国でこの作品を観たのですが、その時の印象よりもものすごく深い物語になっています。韓国版はショーアップされた楽曲などもありましたが、白井さんのつくり方はそれとは違い、お芝居ありきの音楽というか。ミュージカルよりも音楽劇に近いイメージ。“お芝居をしている”という作品になりつつあるなという感覚です。

――音楽劇に近いというのは。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.