くらし情報『山田涼介、『鋼の錬金術師』原作者から演技を絶賛され「ありがたいですね」と感無量』

2022年5月16日 20:31

山田涼介、『鋼の錬金術師』原作者から演技を絶賛され「ありがたいですね」と感無量

山田涼介、『鋼の錬金術師』原作者から演技を絶賛され「ありがたいですね」と感無量


連載開始20周年新プロジェクトとして、荒川弘による大ヒット漫画の原作最終話までを描く完結編2部作の前編『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』の完成披露試写会が5月16日、都内で行われ、主演の山田涼介(エドワード・エルリック役)、共演する本田翼(ウィンリィ・ロックベル役)、本郷奏多(エンヴィー役)、渡邊圭祐(リン・ヤオ役/グリード役)、栗山千明(オリヴィエ・ミラ・アームストロング役)が出席した。

亡き母に会いたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成に挑んで失敗し、失った体を取り戻すため旅を続ける兄弟エドとアルは、国家錬金術師の抹殺を誓う「傷の男(スカー)」と呼ばれる正体不明の人物に命を狙われてしまう。スカーを演じるのは、新田真剣佑。2017年公開の前作『鋼の錬金術師』に続き、曽利文彦監督がメガホンをとっている。

子どもの頃から原作コミックの大ファンだった山田は、「自分がエドを演じていいのかと不安もありましたが、断って、他の誰かが演じるのも、それはそれで悔しかった」と前作の出演オファーを振り返り、当時の葛藤を告白した。以前荒川氏からプレゼントされた直筆のサイン入り原画をお披露目する場面もあり、「自慢みたいですみません(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.