くらし情報『『Reborn-Art Festival 2021-22』会期を2期にわけて開催 表現の新たな動きと場をつくる 「利他」と「流動性」』

2021年6月22日 18:00

『Reborn-Art Festival 2021-22』会期を2期にわけて開催 表現の新たな動きと場をつくる 「利他」と「流動性」

『Reborn-Art Festival 2021-22』


東⽇本⼤震災から10年⽬の節⽬となる2021年。「地域の内側からの復興」をめざして、被災地域に新しいつながりや循環をつくる⽬的で始まったReborn-Art Festivalが、2021年の夏と2022年の春の 2期にわけて開催されることが決定。6月22日にオンライン記者発表会が行われた。

今回のテーマは「利他と流動性」。地域の住人たちと⼀緒に向き合ってきたことを改めて振り返りながら 周りを思いやる⼼や、流動性のあるなかで新しい⽇常や本質を形づくっていく想像⼒や関係性をアーティストと⼀緒に表現、提案できる場を作り出していく。

夏会期のキュレーターを担当するのは、2006年よりインディペンデント・キュレーターとして活動している窪⽥研⼆。テーマに基づいて、他者との関係性が見える作品を制作する22組のアーティストが参加する。

これまでも展開されてきた⽯巻市街地エリア、桃浦エリア、荻浜エリア、⼩積エリアに、新たな会場として震災から10年たち、街の復興を観てほしいとの経緯で決まった女川エリアが追加され、会田誠、オノ・ヨーコ、加藤翼らが展示を行う。

また、『Reborn-Art Festival』では、宮城の地元の食材を使ったフードの提供も楽しみのひとつ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.