くらし情報『東京では35年ぶり! 動く彫刻である「モビール」で知られるアレクサンダー・カルダーの個展、麻布台ヒルズ ギャラリーで開催』

2024年5月29日 11:30

東京では35年ぶり! 動く彫刻である「モビール」で知られるアレクサンダー・カルダーの個展、麻布台ヒルズ ギャラリーで開催

Un effet du japonais, 1941 Sheet metal, wire, rod, and paint 203.2 × 203.2 × 121.9 cm.


20世紀美術を代表するアーティストのひとり、アレクサンダー・カルダーの展覧会『カルダー:そよぐ、感じる、日本』が5月30日(木)〜9月6日(金)、麻布台ヒルズ ギャラリーで開催される。
アレクサンダー・カルダーは1898年ペンシルベニア州ローントン生まれ。アメリカのモダンアートの先駆者のひとりとして活躍し、1976年にニューヨークで逝去。針金を曲げたり捻ったりしてつくった抽象的な構成要素を天井から吊るし、それらが気流や風などによって動き、絶えず変化しながら調和的なバランスを保つ「モビール」を発明した、動く彫刻「キネティック・アート」の第一人者でもある。
東京では35年ぶり! 動く彫刻である「モビール」で知られるアレクサンダー・カルダーの個展、麻布台ヒルズ ギャラリーで開催

Calder with Red Disc and Gong (1940) and Untitled (c. 1940) in his Roxbury studio, 1944.Photograph by Eric Schaal © Life Magazine
この展覧会は、麻布台ヒルズ ギャラリーと、カルダー財団と40年にわたる強い関係を築いてきたニューヨークの「ペースギャラリー」とのパートナーシップのもとに実現。東京では約35年ぶりの個展となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.