くらし情報『今年で15回目を迎える『アートフェア東京2021』 「by Art」をテーマに国内外140以上のギャラリー・美術商が集結』

2021年3月5日 18:00

今年で15回目を迎える『アートフェア東京2021』 「by Art」をテーマに国内外140以上のギャラリー・美術商が集結

AFT2019 Photo by office TKD


2005年の開催から記念すべき15回目を迎えるアートフェア東京。2021年は、3月19日(金)~21日(日)の3日間、国内外25都市より140軒以上のギャラリー・ 美術商が参加し、開催される。

15回目となる今回は3つの展示セクションで展開。

アートフェア東京のメインセクション「Galleries(ギャラリーズ)」には、戦後美術と現代美術に特化した世界の第一線で活躍する芸術家に焦点を当て紹介している「MAKI Gallery」や、コンセプチュアルアートの新しい潮流に注目し、国内外の作家約 30 名を取り扱う「TARO NASU」らが出展。縄文土器や東アジア伝来の古美術、江戸時代の浮世絵、印象派の巨匠など歴史的な美術品から、成長著しい国内外の現代アートまでが一堂に会し、複雑かつ成熟した日本のアートマーケットの“いま”が体験できる。

日本のアートシーンを支える多種多様なジャンルや機関が集合するセクション「Crossing(クロッシング)」には、日常生活に根付きながら日本の美術市場で大きな存在感を放つ百貨店の「Artglorieux GALLERY OF TOKYO」、「西武・そごう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.