くらし情報『山田洋次監督作『キネマの神様』公開日が8月6日に メイキングを収めた特別映像も』

2021年3月17日 13:30

山田洋次監督作『キネマの神様』公開日が8月6日に メイキングを収めた特別映像も

『キネマの神様』 (C)2021「キネマの神様」製作委員会

(C)2021「キネマの神様」製作委員会



延期となっていた山田洋次監督の最新作『キネマの神様』の公開日が8月6日(金)に決定。あわせて本ビジュアルと本編シーンとメイキングを収めた特別映像が公開され、さらに追加キャストとして、片桐はいりと原田泰造の出演も発表となった。

松竹映画100周年記念作品として、人気作家・原田マハによる同名小説を原作に、日本映画界を代表する山田監督がメガホンを取った本作。原作はこれまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家・原田マハによる『キネマの神様』だ。

ダブル主演を務めるのは、故・志村けんの遺志を継ぐ沢田研二と『花束みたいな恋をした』での大ヒットも記憶に新しい菅田将暉。さらに日本を代表する名女優・宮本信子と若手人気女優・永野芽郁など記念すべき作品にふさわしい豪華キャスト陣が紡ぐ物語に注目が集まっている。

本作では映画監督になる夢を追いかけ、挫折を経験するが映画をこよなく愛するゴウ(現在:沢田 / 過去:菅田)、かつて若きゴウが想いを寄せる食堂の娘であり、ゴウの妻となった淑子(現在:宮本 / 過去:永野)、そしてゴウとはかつての撮影所仲間で、名画座・テアトル銀幕を営むテラシン(現:小林稔侍 / 過去:野田洋次郎)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.