くらし情報『南こうせつデビュー55周年 ラストサマピは日本武道館「瞬間瞬間を気持ちよく心地よく、柔らかく生きられたら」』

2024年5月30日 18:00

南こうせつデビュー55周年 ラストサマピは日本武道館「瞬間瞬間を気持ちよく心地よく、柔らかく生きられたら」

南こうせつ (Photo:GEKKO)

(Photo:GEKKO)



Text:川上きくえPhoto:GEKKO

日本のフォーク界を牽引し、数々の名曲を産んできた南こうせつ。その活動を語る上で欠かせないのが、1981年にスタートし、2019年の14回目にシリーズ終焉を迎えた野外ライブイベント「サマーピクニック」だ。

これまでサザンオールスターズ、長渕剛、吉田拓郎、松山千春、チャゲ&飛鳥など錚々たるメンバーが出演し、野外の開放感とエンタメ性の高さで熱狂的ファンが集った同イベントは、もはや現代におけるフェス文化の走りだったといえる。そして、南こうせつのデビュー55周年となる今年9月、そのサマーピクニックが『ラストサマーピクニックin武道館』となって一夜限りで復活することとなった。

あらためて“ラスト”と銘打って開催される同イベントへの想いと、75歳にして精力的にツアーを廻り、歌い続ける南こうせつの原動力について語ってもらった。

──過去14回敢行された野外ライブイベント『サマーピクニック』が今年も開催されます。2019年に一度幕を閉めた同イベントを、あえて「ラスト」として開催することになったのにはどんな経緯があったのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.