くらし情報『市川猿之助、六月大歌舞伎で『日蓮』を上演 「心の向き合い方を見つけてもらえたら」』

2021年5月29日 07:00

市川猿之助、六月大歌舞伎で『日蓮』を上演 「心の向き合い方を見つけてもらえたら」

市川猿之助


「このポスター、ご覧ください。いくつもの光の球に包まれて後光が差しているように見えるでしょう。これ若いときの日蓮のイメージなんです」。

こう語るのは『六月大歌舞伎』の第三部で上演される『日蓮』で、蓮長後に日蓮を勤める市川猿之助だ。これまでスーパー歌舞伎やスーパー歌舞伎Ⅱで何度も脚本を手がけてきた横内謙介の構成・脚本・演出、そして猿之助の演出・主演による作品となる。

市川猿之助、六月大歌舞伎で『日蓮』を上演 「心の向き合い方を見つけてもらえたら」


「日蓮聖人といえばややもすると戦闘的な面が強調される傾向がありますよね。様々な宗派を否定したり、世の中に果敢に関わりを持とうとしたりされていますからね。でもこの方、実は信仰に対して非常に真摯で、非常に神経細やかなんです。彼の残した手紙を読むと女性の信徒にもとても優しい方だったと感じます」

日蓮は江戸時代からこれまで何度も歌舞伎作品として描かれてきた。

「とにかくスーパースターですよ。病や窮地を救うためにこの世に現れてくださったという、いわゆる霊験譚になることが多いですね。歌舞伎の源義経のように、“ありがたい存在だからとにかく出しておこう”と。佐渡へ流されてもいますし、時代的には蒙古襲来にも関わらせることができますし、本当に芝居の種の宝庫。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.