くらし情報『PFFアワード二冠作『ガンバレとかうるせぇ』劇場公開決定 孤独と向き合う登場人物を捉えた予告編も』

2019年10月17日 08:00

PFFアワード二冠作『ガンバレとかうるせぇ』劇場公開決定 孤独と向き合う登場人物を捉えた予告編も

『ガンバレとかうるせぇ』


PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞をW受賞し、釜山国際映画祭ニューカレンツ・コンペティション部門に正式出品された、佐藤快磨(たくま)監督の初の長編映画、そして堀春菜の初主演映画『ガンバレとかうるせぇ』が、劇場公開されることが決定。あわせて予告編と場面写真が公開された。

『ガンバレとかうるせぇ』は、試合に勝っても褒められず、負けて責められることもないという微妙な立場の高校サッカーの女子マネージャーに着眼したユニークな作品。 山王高校サッカー部の3年生マネージャー・菜津(堀)は、夏の大会に敗退したタイミングでマネージャーが引退することが通例のなか、冬の選手権まで残ることを宣言する。しかし、顧問(ミョンジュ)からも部員からも必要とされていないことに気づいてしまう。 一方、キャプテンの豪(細川岳)も、チームの要である健吾(布袋涼太)に夏での引退を切り出され、チームメートからの信頼の薄さが浮き彫りになっていく。 刻々と近づく最後の大会を前に、菜津と豪は選択を迫られる。

本作は佐藤快磨監督の新作で、堀春菜と細川岳が出演する中編映画『歩けない僕らは』(SKIP シティ国際Dシネマ映画祭2019 国内コンペティション短編部門 観客賞受賞作品、出演:宇野愛海、落合モトキ、板橋駿谷、山中聡、佐々木すみ江)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.