くらし情報『サブタイトルは「一度入ったら、最後」 菅田将暉主演『CUBE』予告編&ビジュアル公開』

2021年8月2日 07:00

サブタイトルは「一度入ったら、最後」 菅田将暉主演『CUBE』予告編&ビジュアル公開

『CUBE』 (C)2021「CUBE」製作委員会

(C)2021「CUBE」製作委員会



1997年に公開された、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る同名映画をリメイクする日本版『CUBE』が、10月22日(金)から全国公開される。この度、死のトラップが次々と襲いかかる60秒の予告編と本ビジュアル、サブタイトルが一挙解禁となった。

ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして、ナタリ本人もクリエイティブ・アドバイザーとして初めて日本映画に全面協力し、菅田将暉主演で贈る本作。杏や岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎などのキャストが揃い、謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた登場人物たちが決死の脱出を図る。

60秒予告編では、謎の部屋=CUBEで目覚めた、年齢も職業も違う6人の男女に次々と“死のトラップ”が襲いかかる。全方向に謎の扉がある立方体の部屋で目覚めた6人の男女はエンジニア、フリーター、整備士、団体職員、中学生、会社役人と年齢出自共にバラバラ。謎の部屋から脱出しようとする彼らを、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが襲うという内容だ。

そして「劇薬系密室エンタテインメント開幕」と映し出された次の瞬間、不穏な音楽と共に、次々と不気味な気配が漂うシーンが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.