くらし情報『コロナ禍の「聖金曜日」だからこそ聴きたい『マタイ受難曲』』

2021年3月19日 12:00

コロナ禍の「聖金曜日」だからこそ聴きたい『マタイ受難曲』

バッハ・コレギウム・ジャパン (c) Yat Ho Tsang

(c) Yat Ho Tsang



今年の「聖金曜日(2021年は4月2日)」にも毎年恒例、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)によるJ.S.バッハの『マタイ受難曲』が披露される(4月2日・3日:サントリーホール)。

「聖金曜日」とは、復活祭前の金曜日をさすキリスト教の用語で、イエス・キリストの受難と死を記念する日のことだ。プロテスタントの教会では、J.S.バッハの『マタイ受難曲』などが演奏される伝統があり、ここ日本においても、BCJを筆頭に、様々な演奏団体がこの時期に受難曲を披露してきた歴史がある。

『マタイ受難曲』といえば、バッハの最高傑作にして人類史上屈指の名曲にほかならない。ただでさえ心を揺さぶられるこの作品をコロナ禍の真っ只中の「聖金曜日」に聴くことの意義は、宗教の有無を超えたところにありそうだ。

BCJ公演の今年の指揮者は、先ごろ「芸術選奨文部科学大臣新人賞」を受賞したBCJ首席指揮者鈴木優人だ。気鋭の指揮者が描き出す静謐な世界に期待したい。

https://www.japanarts.co.jp/news/p6014/

コロナ禍の「聖金曜日」だからこそ聴きたい『マタイ受難曲』

鈴木優人 (c)Marco Borggreve
●公演情報

4月2日(金)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.