くらし情報『史上初の東京産カカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」が渋谷ヒカリエに登場!』

2019年10月12日 08:00

史上初の東京産カカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」が渋谷ヒカリエに登場!


東京都小笠原村の母島で生産されたカカオ豆を使った史上初のチョコレート「TOKYO CACAO」。2019年10月24日(木)~10月30日(水)までの期間限定で渋谷ヒカリエにて販売されます。東京産のカカオは一体どのような方法で栽培されチョコレートになったのかに注目。

史上初のチョコレート「TOKYO CACAO」とは?

史上初の東京産カカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」が渋谷ヒカリエに登場!

通常は赤道直下の地域で栽培され、日本ではほとんど栽培されていないカカオ豆。それを東京で栽培する「東京カカオプロジェクト」が2003年から東京都小笠原村母島にて行われ進んでいました。長い年月をかけて収穫した東京産のカカオ豆を使って作られたものが「TOKYO CACAO」なのです。

「東京カカオプロジェクト」について

史上初の東京産カカオを使ったチョコレート「TOKYO CACAO」が渋谷ヒカリエに登場!

「国産カカオの栽培」という強い願いから始まった、当時だれも考えたこともないようなプロジェクト。そもそもカカオは高温多湿の地域でしか育たない植物であり、ましてや東京での栽培など不可能に近いものでした。

土壌づくりから始まったカカオ栽培。何回も何回も改良と工夫を繰り返し、ようやくたどり着いた栽培技術。その集大成がこの「TOKYO CACAO」には詰まっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.