くらし情報『プチ不調のあるママへ。いにしえのスーパーフルーツ「なつめ」に注目!』

2018年10月2日 12:00

プチ不調のあるママへ。いにしえのスーパーフルーツ「なつめ」に注目!

目次

・楊貴妃も食べていた「なつめ」
・栄養価がすごい!
・手軽に食べたい!
・シロップやお茶も!
natsume_title.jpg


便秘、貧血、冷えやPMS(生理前症候群)…。病気というほどではないけど、なんとなく不調を感じている人は多いもの。しかも子育て中だと、自分のケアは後回しになってしまいがち。そんなお困りママにおすすめしたい、お手軽スーパーフルーツを見つけました!

楊貴妃も食べていた「なつめ」

ご紹介するのは「なつめ」。名前だけは聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。中国やアジア西部に生息する木で、その実は漢方として長らく重用されてきました。かの楊貴妃も好んで食べ、後に「一日食三棗終生不顕老」(一日3粒の棗を食べることで、老いを防ぐ)という言葉を残すほど。

また、韓国では参鶏湯などの料理や伝統茶に入れたり、縁起の良い果実として婚礼の儀式に登場したりと、今でも盛んに食されてます。

栄養価がすごい!

漢方としての「なつめ」は「大棗(たいそう)」という生薬名で用いられ、主に「気」「血」を補う温性の薬効を持つと言われ、冷えの解消・貧血の改善・免疫力アップなどにいいんだそう。

栄養成分としては鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維などが群を抜いて豊富。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.