くらし情報『世界初・AIの最新展示技術を導入した都市型水族館、カワスイの館内風景をAtmoph Window 2でリリース』

2022年1月11日 12:00

世界初・AIの最新展示技術を導入した都市型水族館、カワスイの館内風景をAtmoph Window 2でリリース

世界とつながる窓、Atmoph Window 2を開発するアトモフ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:姜 京日[かん きょうひ]以下、Atmoph)は、本日1月11日(火)より、AIの最先端技術を駆使した都市型水族館、カワスイ 川崎水族館(所在地:神奈川県川崎市、館長:有馬 律雄、以下カワスイ)の館内風景をリリースします。

世界初・AIの最新展示技術を導入した都市型水族館、カワスイの館内風景をAtmoph Window 2でリリース


Atmoph Window 2は、壁掛けやデスクに置くだけでそこに擬似窓的な空間を生み出せる、世界とつながる窓です。世界各国の風景に加え、モルディブの海中やミズクラゲが水槽で泳ぐ風景をリリースしてきましたが、ユーザーからも好評価を得ており、特に法人やクリニックからは水槽代わりに楽しめるという声もいただいています。今回のリリースでは、カワスイの多摩川ゾーン、南アメリカゾーン、アマゾンゾーンの巨大ピラルク、そしてカピバラが生活する館内風景を、窓を通してお楽しみいただけます。

風景の見どころ

カワスイでは、「世界の水辺を、冒険しよう」をコンセプトに、世界各国6つの展示ゾーンを有しています。それぞれのゾーンではその地域に生息している植物が飾られ、映像や音響、そして照明を駆使することで、五感で生きものたちを楽しめる工夫が施されています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.