くらし情報『小金井出身の能楽師が贈る 『第三回 こがねい春の能』上演決定 カンフェティでチケット発売』

2021年12月24日 10:00

小金井出身の能楽師が贈る 『第三回 こがねい春の能』上演決定 カンフェティでチケット発売

能楽師 川口晃平主催による『第三回こがねい春の能』が2022年2月19日 (土)に小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)大ホール(東京都小金井市)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて発売中です。

カンフェティでチケット発売中
http://confetti-web.com/harunonoh

公式Facebook
https://www.facebook.com/kohei.kawaguchi.31
公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCnN9wSeLS0WA9guAMUbbXew

小金井出身の能楽師が贈る 『第三回 こがねい春の能』上演決定 カンフェティでチケット発売


源平合戦の時代、和歌に思いを託した文武両道の名将・平忠度は、一ノ谷の合戦にて源氏方の岡部六弥太と組み合い、六弥太の郎党に囲まれ討ち死にした。
「行き暮れて 木の下陰を 宿とせば 花や今宵の あるじならまし忠度」
六弥太は辛くも討ち取った敵将の死骸の箙に付けられた短冊を読み、彼が名高い忠度卿であったと知り涙を流す。
この歌はどこで死のうとままだと詠んだ、忠度の辞世であった。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.