くらし情報『大森南朋が今までにない難役に挑む!』

2014年6月9日 17:24

大森南朋が今までにない難役に挑む!

大森南朋が今までにない難役に挑む!
数々のテレビドラマや映画などで確かな存在感を放ってきた俳優の大森南朋。近年、缶コーヒー“BOSS”のCMを代表するように、どこか“いい人”というイメージの役柄が多かった彼が、最新主演作『捨てがたき人々』では久々に一転ともいうべき危うい男役に挑んだ。

その他の写真

「アシュラ」など賛否ある問題作で知られる漫画家、ジョージ秋山の原作をもとにした本作は、脚本を実の息子である秋山命が手掛け、俳優としても活躍する榊英雄監督が映画化した。聞くと榊監督とは長い付き合いだそうだ。「出会ったのは確か2000年に公開された『忘れられぬ人々』の現場。年齢も近く、馬が合いまして。お互いまだ役者では食べていけてないころ、この業界に人脈を作ろうと関係者を集めての宴会をふたりで企画して開いたりもしました(笑)」。

そういう間柄というのもあって、出演はふたつ返事だったという。「監督と秋山さんからまず会おうと。まだ脚本もない構想の段階でしたが、秋山さんには親父さんの作品を今の時代に届けたい気持ちが、監督には過去の作品とは違う人間の業と欲望に迫る人間ドラマを作りたいという意志が話からひしひしと伝わってきました。僕自身、監督が映画監督を始めたときから、“いつかがっつり組んでみたい”という気持ちもあったので断る理由はなかったです」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.