くらし情報『ディカプリオ主演作『レヴェナント』が日本公開決定』

2015年9月2日 12:14

ディカプリオ主演作『レヴェナント』が日本公開決定

ディカプリオ主演作『レヴェナント』が日本公開決定
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督と、レオナルド・ディカプリオがタッグを組んだ映画『レヴェナント:蘇えりし者』が来年春に公開されることが決定した。

その他の情報/日本公開決定

タイトルの“レヴェナント”とは、長い不在や死の地から戻ってきた者を指し、幽霊や亡霊を指す言葉でもある。そのタイトル通り、本作の主人公ヒュー・グラスは、アメリカ西部の未開拓の荒野を旅する途中で熊にノドを裂かれて瀕死の状態に陥るも、仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしまう。グラスは自然の脅威に立ち向かいながら、死の淵から蘇り、約300キロもの旅をして、フィッツジェラルドに復讐しようと壮絶なサバイバルに挑む。ハンターのヒュー・グラスの実話にインスパアされたマイケル・パンクの同名小説を映画化した作品だ。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で強烈な主人公を演じて映画ファンを熱狂させたディカプリオは俳優休業を宣言していたが、それを覆して本作への参加を決意。アメリカとカナダの大自然を舞台に行われた撮影は過酷で、フィッツジェラルド役のトム・ハーディの格闘シーンでは鼻が折れた状態で撮影を続行。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.