くらし情報『劇団「EXILE」の小野塚勇人がJホラーに挑戦!』

2015年11月12日 17:01

劇団「EXILE」の小野塚勇人がJホラーに挑戦!

劇団「EXILE」の小野塚勇人がJホラーに挑戦!
劇団「EXILE」のメンバー小野塚勇人がJホラーの時代を担う新鋭・川松尚良監督の最新作『丑刻ニ参ル』で映画初主演を飾った。全編走りっぱなしであると同時に、セリフの少ない中で深みのある心理描写を求められたという本作を経て、成長盛りの22歳は何を手にし、自らの「家」と語る劇団EXILEに外の世界から何を持って帰ってきたのか?公開を前に話を聞いた。

その他の画像

丑の刻(午前3時)に憎い相手に見立てた藁人形を釘で打つという古くから知られる呪いの儀式“丑の刻参り”をする女性の姿を目撃したがため、彼女から追われる身となった青年の恐怖体験を描く本作。小野塚の出演は、主人公のケンジを探し求めていた川松監督による一本釣りで決まったという。「監督がケンジに合う俳優を探している時に劇団のサイトで僕の写真を見て、何かを感じてくださったそうで、一度お会いして話をして、その後、公演を見てくださって『ぜひ』と言ってくださったそうです」。

「映画の中の70%くらいは走ってる(苦笑)」という言葉どおり、時に約500メートルのダッシュを2本連続で行うなど、とにかく全編を通して走り回る!かといって本作はいわゆるアクションホラーではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.