くらし情報『『この街の命に』は「試行錯誤した問題作」』

2016年3月26日 18:49

『この街の命に』は「試行錯誤した問題作」

『この街の命に』は「試行錯誤した問題作」

(左から)篠原篤黒田大輔緒方明監督


加瀬亮主演のWOWOW『ドラマW この街の命に』の完成披露試写会が、3月25日に大阪市内で行われ、メガホンを執った緒方明監督と、俳優の黒田大輔篠原篤が舞台あいさつに登壇し、撮影時のエピソードを語った。

『この街の命に』完成披露その他の写真

本ドラマは、ある街の動物愛護センターを舞台に、殺処分される動物たちを救おうと踏み出した職員たちを描く人間ドラマ。行政獣医の牧田役に加瀬、同僚の行政獣医・幡枝役に戸田恵梨香、センターの所長・高野役を田中裕子が演じている。

行政獣医で係長の前川役を演じた黒田は、実際の施設で行われた撮影を振り返り「田中裕子さんと現場でのほほんとしていたら、軽トラックで白い犬が運ばれてきた。ふたりで『あの犬可愛いですね』と話していたら、職員の方が『2、3日後には処分されてしまうんです』と仰って……命を処分する現実が目の前にあって、切実に考えさせられた現場でした」と神妙な面持ちで話した。

同センターの作業班で、心を持たずに、日々の業務にあたる寡黙な職員・木崎役を演じた篠原は、「それぞれが自然に役に対する考えや、殺処分に対する意見を言い合ったり、実際の職員の方たちとのコミュニケーションを図ることによって、いいグルーヴ感が生まれた現場でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.