くらし情報『仁左衛門「嬉しさで胸がいっぱい」 勘三郎も笑顔で会見』

2011年8月30日 18:31

仁左衛門「嬉しさで胸がいっぱい」 勘三郎も笑顔で会見

仁左衛門「嬉しさで胸がいっぱい」 勘三郎も笑顔で会見
江戸時代の芝居小屋を現代に復活させた『平成中村座』。今年11月より来年5月まで旗揚げの地である東京・浅草隅田公園内での上演が決定した。8月29日、都内で行われた会見には中村勘三郎と11月興行に出演が決定している片岡仁左衛門が登壇した。

『平成中村座』は2000年の第1回公演以来、東京、大阪、名古屋、さらにはアメリカ・ニューヨーク、ドイツ・ベルリン、ルーマニア・シビウなどの各地で上演を重ね、好評を得てきた江戸時代の芝居見物が体験できる芝居小屋。今回は、かつてないロングラン公演での上演となる。

会見では、仁左衛門が「僕の今の気持ちは、中村屋(勘三郎)が東京で久しぶりの復帰。嬉しさで胸がいっぱいです。この芝居が成功することが彼へ元気を与える事だと思いますので、どうかよろしくお願い致します」と挨拶すると、勘三郎も「お久しぶりでございます。(仁左衛門は)病院にも何回もお見舞いに来てくれるし、本当に心強かった。ロングラン公演ですが身体がついていくようにちょこっとずつやっていきたい」と今の心境を語った。また、自身も闘病の経験のある仁左衛門は「元気な人は弱い人のことがわからないけど、(病気をすると)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.