くらし情報『中村勘九郎の愛息に「胸がいっぱい」「くぎ付けになった」の声』

2021年1月25日 18:13

中村勘九郎の愛息に「胸がいっぱい」「くぎ付けになった」の声

目次

・歴史好きは隔世遺伝?中村勘太郎と亡き勘三郎の共通点
・中村勘太郎と長三郎、『BTS』にドハマり中
中村勘九郎の愛息に「胸がいっぱい」「くぎ付けになった」の声

2021年1月25日、歌舞伎役者の中村勘九郎さんと、息子である長男の勘太郎さん、次男の長三郎さんがトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演しました。

中村さん親子は、4年前にも同番組に3人で出演。

2021年1月現在、9歳になった勘太郎さんと、7歳になった長三郎さんの成長ぶりに、MCを務めるタレントの黒柳徹子さんは頬を緩ませていました。

歴史好きは隔世遺伝?中村勘太郎と亡き勘三郎の共通点

2人の成長ぶりに触れながら、それぞれの好きなことについて黒柳さんが質問。

すると、勘太郎さんは、「歴史が好きで、歴史博士になりたい」と回答しました。

その後、勘太郎さんは黒柳さんに、オリジナルの武将クイズを出題。黒柳さんも答えが分からないほど難題なクイズを出題し、博識ぶりを見せつけたのです。

父親の勘九郎さんによると、亡き十八代目中村勘三郎さんも歴史が大好きだったのだとか。

(勘太郎さんは)本当に好きなんですよ、歴史が。

これ、隔世遺伝で。

うちの父が史学科出身で、歴史が大好きだったので。

もし生きていたら彼と、とてもマニアックな話で盛り上がってるんだろうなと思いまして。

徹子の部屋ーより引用

中村勘太郎と長三郎、『BTS』にドハマり中

また、勘太郎さんと長三郎さんは「歌とダンスも大好き」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.