くらし情報『浦井健治、『トロイラスとクレシダ』で王子役を熱演』

2015年7月16日 12:40

浦井健治、『トロイラスとクレシダ』で王子役を熱演

浦井健治、『トロイラスとクレシダ』で王子役を熱演
シェイクスピアが遺した全37作の戯曲のなかで、喜劇とも悲劇とも分類困難な「問題劇」とされる『トロイラスとクレシダ』。この作品に演出の鵜山仁、主演の浦井健治が果敢に挑む。世田谷パブリックシアター、文学座、兵庫県立芸術文化センターによる共同制作作品として上演される今作が7月15日に開幕した。

舞台『トロイラスとクレシダ』チケット情報

時はトロイ戦争の頃。トロイの王の息子・トロイラスがクレシダという美女に恋をしている。ふたりは永遠の愛を誓うが、トロイを裏切ったクレシダの父によって、クレシダはギリシャに引き渡される……。主人公が死ぬこともなく、裏切り者が殺されることもないことが「問題劇」といわれるゆえんだ。

舞台奥には高くそびえ立つ石段、中央には客席側に向かってやや傾斜のついた円形のステージ。ステージの上には赤と白、2枚の大きな布がかかげられている。最初に登場した序詞役の小林勝也が客席に向かって語りかけると、観客は一気に劇世界に引き込まれる。シェイクスピアならではのせりふ回しはふんだんにありながらもテンポよく物語が展開していくため、すんなりと話に入っていくことができる。登場人物たちの行動や気持ちが、決して過去のものではなく、いま現在の私たちと変わらないものとして感じられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.