くらし情報『水木しげるの魂が現代によみがえる異色舞台、開幕!』

2018年10月10日 16:10

水木しげるの魂が現代によみがえる異色舞台、開幕!

左から松雪泰子、佐々木蔵之介、白石加代子撮影:田中亜紀

(画像左から)松雪泰子佐々木蔵之介白石加代子撮影:田中亜紀


「ゲゲゲの鬼太郎」の作者としておなじみの水木しげるNHK朝ドラにもなった夫人のエッセイにより、その人柄も広く知られることとなった国民的漫画家だが、彼の作品に幼少期から当たり前のように接してきたという“イキウメ”の前川知大が水木ワールドに挑む舞台「ゲゲゲの先生へ」が、10月8日に東京芸術劇場 プレイハウスで開幕した。本作は前川のオリジナル。水木作品の舞台化でも、水木自身を描いた評伝劇でもないが、ファンとして深く知る前川が、水木の膨大な作品群から登場人物や言葉、エピソードを借りて、ひとつの作品に編み上げた。主演の佐々木蔵之介は、水木が最も愛したキャラクター“ねずみ男”をモデルにした根津(ねず)役を演じる。ほか、松雪泰子白石加代子ら、あやかしの世界を表出させるにふさわしいムードの俳優陣が集まった。

【チケット情報はこちら】

完全暗転の中、上手で演奏するパーカッションの音がおどろおどろしくも力強く響く幕開き。舞台奥から這いつくばる形で、根津(佐々木蔵之介)が登場する。20年の眠りから覚めたという根津の正体は、半分人間半分妖怪の“半妖怪”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.