くらし情報『世界初公開続々!「マンモス展」 日本科学未来館で開幕』

2019年6月7日 17:50

世界初公開続々!「マンモス展」 日本科学未来館で開幕

世界初公開続々!「マンモス展」 日本科学未来館で開幕

企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-


企画展「マンモス展」-その『生命』は蘇るのか-が日本科学未来館(東京・お台場)で開幕。2005年「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」をはじめ、近年ロシア・サハ共和国の永久凍土から発掘された数々の貴重な動物たちの冷凍標本を世界初公開する史上最大規模の「マンモス展」。

【チケット情報はこちら】

約4,000年前に絶滅したと言われている大型哺乳類のマンモス。「ユカギルマンモス」の頭部をはじめ、世界初公開となる「ケナガマンモス」の鼻と皮膚も冷凍標本として展示。本企画展では、その貴重な冷凍標本の展示を、古生物学や生命科学などのさまざまな角度から見つめ、絶滅したマンモスの実像に、過去・現在・未来という視点で迫る、前例のない大きなスケールの展覧会。また、こちらも世界初公開となる仔ウマ「フジ」、「ユカギルバイソン」、「ライチョウ」、「仔イヌ」などの古生物の冷凍標本も展示。これらは通常の化石などと違い、冷凍状態で出土したため、生前の様子を生々しく残しているのが特徴。これらの標本を間近で観察することができる。

展示構成監修を担当する、いとうせいこう(作家・クリエイター)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.