くらし情報『大人がハマるディズニー作品。ミュージカル『ノートルダムの鐘』が福岡へ』

2020年1月24日 14:50

大人がハマるディズニー作品。ミュージカル『ノートルダムの鐘』が福岡へ

大人がハマるディズニー作品。ミュージカル『ノートルダムの鐘』が福岡へ

左:飯田達郎右:松山育恵


世界的文豪、ヴィクトル・ユゴーの代表作「ノートルダム・ド・パリ」に発想を得て、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作した荘厳なミュージカル、劇団四季による『ノートルダムの鐘』が福岡で上演決定。

【チケット情報はこちら】

音楽は、ディズニーの長編アニメーション版に基づき、「陽ざしの中へ」「世界の頂上で」など、作曲アラン・メンケン、作詞スティーヴン・シュワルツの名コンビによる美しい楽曲揃い。15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住むカジモド、大聖堂大助祭・フロロー、同警備隊長・フィーバス、ジプシーの娘・エスメラルダの4人が織りなす深く美しい愛の物語。“大人がハマる”、ディズニーの新たな側面が楽しめる話題作に出演予定のカジモド役のひとり・飯田達郎、エスメラルダ役のひとり・松山育恵が本作の魅力を語ってくれた。

飯田は台本を読んだ時から、カジモドを「なんとも美しい役」と思ったそう。「醜いと蔑まれながらも純粋で。その人生すべてに涙が出ました。実際稽古しながらも感動して(笑)。“こんないい作品に携さわれるなんて幸せだね”とキャスト同士で話しながら、日々作品と向き合っています」。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.