くらし情報『夢の世界にお客さんも迷い込んで……山本一慶、初演出!』

2021年4月23日 12:40

夢の世界にお客さんも迷い込んで……山本一慶、初演出!

夢の世界にお客さんも迷い込んで……山本一慶、初演出!

「不思議な世界にお客さんも迷いこんでいるような魅力のあるすれ違いラブコメディです」。そう山本一慶が紹介するのは、シェイクスピア原作の舞台『夏の夜の夢』。5月19日(水)〜23日(日)に東京・六行会ホールにて上演される。

本格的に演出を担う山本は『夏の夜の夢』に2回出演したことがある。俳優の時は戯曲を信じるために他の資料は読まないが、今回演出するにあたって初めて作品背景を調べてみた。「どうやら、貴族達の結婚式の余興だったんじゃないか?という説があるんです。結婚式のショーとして貴族達が楽しんで共感できる作品だったから、観る人を惹きつける魅力があるのかな。役者には楽しんでもらって、その力をお客様に届けたい」。

ビジュアル撮影を終えて山本は「とくに若い恋人達を演じる4人は初々しかった」と笑う。撮影はうまくいったようだ。「この初々しさは無くしてほしくないですね。この作品の恋愛の初々しさ、気まずさ、やりにくさを見て、当時の貴族達は『私達にもこの出会いがあったね』と思えたかもしれない。ぎこちなさが魅力になる」。妖精パックを演じる谷水力は撮影で、衣裳のCharles Cheese Cakeと山本がイメージを膨らませたグリーンの服をまとい、背中の羽根をいかしたポージングで微笑んだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.